simple site maker

スマートフォンサイト変換

既存デスクトップサイトを瞬時にスマホサイトへ

スマホサイト最適化サービス特徴とメリット

スマートフォンやタブレットの最適化ページ開発は、既存PCサイトを活用して行われます。つまり0からの制作ではないため、工期や工数を従来の1/3程度に圧縮することが可能になるのです。

1. 既存サイト有効活用

既存PCサイトを最適化することで、スマートフォン、タブレット、アプリといったマルチデバイスの表示最適化が可能となりました。これにより訪問者はデバイスごとに最適な体験を得ることができます。

2. マルチデバイス対応

高速CDN配信により、必要なソースだけをユーザーに届けることが可能になりました。デバイスに応じたデータの転送、テンプレートの圧縮によりページ表示の高速化を実現しています。

3. 表示の高速化

ワンURLでマルチデバイス対応

既存PCサイトを活用することでマルチデバイスの表示を最適化します。それぞれのデバイスで最適なHTMLテンプレートを保存可能です。PCサイトと共通のワンURLで端末ごとに最適な表示の出し分けが可能になりますので、検索エンジン各社のモバイルファースト施策に最適な形での運用となります。

スマートフォンにおける確実な変換

レスポンシブ変換ではありません。スマホ最適化専用のHTMLを持つため、HTML構造がそもそも異なります。通常レスポンシブサイトでは表示をViewPortでの画面幅を基準に判定しておりますが、当社ではUser Agentを用いて判定しているため、確実にスマートフォン変換できるメリットがあるのです。

ワンソース管理・リアルタイム運用

PCサイト元ページを変更すれば、スマートフォン最適化ページにもリアルタイムで反映されます。ソースの二重管理がなくなるためサイト運用者にとっては負担の減るシステムとなります。また開発された最適化コードの編集も自社でできますので、ページの自社メンテナンスも可能となります。

検索エンジン最適化対策

Googleが推奨する同一URL方式に準拠しているためSEO対策には有利となります。また動的に異なるデバイス毎に最適なHTMLを配信することも一般的に有利と言われております。またソーシャル連携も今後重要となってまいりますが、この点においても有利な立ち位置にあります。

中間サーバ不使用

当社サービスは端末変換サービスのため、プロクシサーバを必要としません。つまり圧倒的にコストを抑えることができるのです。アクセス数の多いサイトオーナーでも安心して導入検討いただくことが可能です。

スマホ変換 優れた標準機能

SSL変換に標準対応

UA, OS毎の表示制御が可能

One URLでの運用が可能

Ajax対応、既存ページScript再利用が可能

中間サーバーSSL証明書も不要

タブレットはもちろん既存PCも最適化可能

モバイル専用の新規ページ作成可

古いiframeページにも実装可能

Googleモバイルフレンドリー適用サイト

PCサイト切り替え機能も実装

Googleアナリティクスによるモバイル分析

画像最適化によるモバイル専用CDN活用

100サイト以上の変換実績があります。様々な業界例を事例ギャラリーでご参考ください。

受託・アウトソーシング承ります。

直接のお取引はもちろん代理店様やSIer様からの代理制作 分析 運営委託も承ります。Webリソース不足にお悩みの企業様、店舗様お気軽にお問い合わせください。